名古屋市の一戸建ての売却価格の相場とエリアごとの特徴

名古屋市の一戸建ての売却価格の相場とエリアごとの特徴
名古屋市で一戸建ての家を建てたり購入したりして、そこに住むことを決めていても、会社の都合による転勤などでその地を離れなければならないこともありますよね。
思い入れのある家だからこそ、少しでも高く売却したいと思いますよね。
そこで、この記事では名古屋市での一戸建ての売却価格の相場をご紹介し、さらに売却に適したタイミングや注意点についてもお伝えします。
これらの情報を参考にしていただければと思います。
名古屋市における一戸建ての売却価格の相場はどのくらいなのでしょうか。
まずはその相場を見てみましょう。
2021年の平均価格は1平方メートルあたり35.34万円でしたが、2022年には39.91万円に上昇しています。
このように相場は上昇傾向にあり、売却を検討している方にとっては喜ばしい状況と言えます。
実際に過去10年間のデータを見ると、名古屋市では1平方メートルあたりの価格が約13万円も上がっています。
一方、愛知県全体の平均では約5万円程度しか上がっていません。
このことからも名古屋市は愛知県でも非常に需要の高いエリアだと言えるでしょう。
また、名古屋市は16の区で構成されており、各エリアごとに一戸建ての売却相場は異なります。
2022年のデータによると、最も高額で売買されているのは「中区」で、1平方メートルあたりの価格は85万円です。
二番目に高いのは「東区」で、1平方メートルあたりの価格は56万円です。
これから需要が高く、価値があるエリアであることがわかります。
中区は愛知県庁や名古屋市役所などがあるため、名古屋市の中心となる街として高い価格がつけられています。
また、地下鉄の東山線・名城線・鶴舞線・桜通線が走っており、交通の便も非常に良いエリアです。
一方で、最も安価なのは「港区」で、1平方メートルあたりの価格は20万円です。
参考ページ:名古屋市の一戸建てはいくらで売却できる?相場や価格の要因など
緊急時の災害リスクや多文化交流の場
名古屋市の南端に位置する区は、津波などの災害リスクが存在し、また多くの外国人の方々も住んでいるため、一般的な人々にはあまり知られていないエリアとなっています。
この区は災害時には迅速な対応が求められる場所であり、防災意識の高さが必要とされます。
また、外国人が多く住むことから、異文化や多言語の交流の機会があり、国際的な雰囲気が漂っています。
ただし、これらの特徴からか、一般的な市民の関心があまり高くないため、まだまだ知られていないエリアと言えるでしょう。