中古マンションの購入を検討している方へのアドバイス

中古マンションの購入を検討している方へのアドバイス
中古マンションについて詳しく解説し、購入を検討している方にアドバイスをします。
参考ページ:中古住宅購入流れ期間 マンションを購入するメリット・デメリットを解説!
中古マンションを購入する際に悩んでしまう方へのアドバイス
中古マンションを購入する方々は多くの場合、迷いや不安を抱えるかもしれません。
マンションは高額な買い物なので、慎重に選ぶことは大切です。
この記事では、中古マンションの購入に際して特に注意すべきポイントやメリット・デメリットを詳しくご紹介します。
さらに、購入に関連する諸費用や新築マンションとの比較についても丁寧に解説するので、ぜひ参考にしてください。
中古マンションを購入する際のメリット
まず、中古マンションを購入する際のメリットとして挙げられるのは、新築マンションに比べて価格が安いという点です。
最新の調査では、首都圏の新築マンションの平均価格は2021年の上半期時点で約6,414万円と言われています。
対して、中古マンションの平均価格は約3,837万円となっており、新築マンションに比べて格段に安く購入できます。
このような安価な価格は、初期費用を抑えるだけでなく、余った資金をリノベーションやリフォームに活用することも可能です。
さらに、中古マンションは購入後の資産価値の低下が少なく、保持するメリットもあります。
一般的に新築マンションは購入直後から20%程度の価値が下がると言われており、資産価値の損失が発生します。
しかし、中古マンションはそのような価値の大幅な下落のリスクが低く、資産価値を守ることができます。
さらに、管理会社が定期的なメンテナンスを行っている場合には、マンション自体も古さを感じさせず、外壁や共用部分が定期的に修繕されているため、安心して住むことができます。
中古マンションを購入する際のポイント
首都圏では既に多くのマンションや戸建てが建設されており、新築物件が建つ土地が限られています。
そのため、中古マンションを選択することで、多様な選択肢が広がるというメリットもあります。
中古マンションの購入を考える際には、以下のポイントに留意してください。